ペット保険に加入していれば、飼い主の負担する費用を減らすことができる

ペット保険の概要と主なおすすめポイント

人間と違い、ペットには公的な保険制度(国民健康保険など)が適用されません。このため、ペットが病気になったり、けがをしたりした場合には、費用は全額が飼い主の負担となります。そんなときに心強い味方となるのがペット保険です。

ペット保険に加入していれば、飼い主の負担する費用を減らすことができます。
補償には、二つの種類があります。

一つは、あらかじめ定めた率に従って治療費用の一部をカバーする補償です。一般的には、治療費用の50パーセントまたは70パーセントが補償されます。
もう一つは、治療費用の実費全額の補償です。このタイプでは手厚い補償が受けられますが、支払いには限度となる金額が設定されるので、無制限で補償が受けられるわけではありません。

さて、ペット保険には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

一つ目は、ペットに治療を受けさせる際の心理的な抵抗感が低くなる点です。費用を心配して受診をためらうことなく、早めに病院に連れて行くことができるので、結果として、ペットも長い間苦痛を味わわなくて済みます。
二つ目のメリットは、治療方法の幅が広がることです。全額自己負担の場合よりも高度な内容の治療を受けさせることができるようになりますから、費用を理由に有効な治療方法の利用を断念することも減るでしょう。

このほか、特約を付けることによって補償を拡大することも可能です。
代表的な例は、損害賠償責任を補償する特約です。こうした特約が付帯されていると、他人が所有する物品にペットが損害を与えてしまった場合などに保険金が支払われます。

上記のようなメリットをよく理解して、上手に活用するとよいでしょう。

お知らせ